黒子のバスケ3rdSEASON DVD9巻感想 ~第75.5Qとオーディオドラマ赤司編~

DVD9巻

黒バスの円盤は毎回買っているわけではないのですが…今回は75.5Qが見たかったので買いました!
そんなわけで75.5Qメインに感想です。

ちなみに秀徳が大好きです。

全体

本編+OVA

第74Q「お前だったんじゃねーか」
第75Q「何度でも」
第75.5Q「最高のプレゼントです」

74Q

本当のゾーン、超速連携…
演出がもうバスケじゃないけどカッコ良くて好きです。
アニメ最終回にジャンプ+の番外編が入ってたのは嬉しかったな~。

75.5Qの感想は後ほど。

映像特典

  • 黒子のバスケNG集
  • 第75QノンテロップED
  • 第75.5QノンテロップED

NG集は赤司がカメのやつと、日向のツッコミ(パンチ)で木吉と伊月がダウンするやつでした。

封入特典

SPECIAL CD Feat.赤司征十郎

  1. オーディオドラマ赤司編
  2. キャストコメント
  3. セイシュンTIP-OFF!!~MVP赤司ver.

ライナーノート 3rdSEASON Vol.9

  • 最終戦の内容
  • 火神役小野友樹インタビュー
  • 75.5Qの内容・裏側

エンドカード(3種)

DVD9巻

ライナーノートのキセキ集結作戦のウラ側。
緑間「まあ、気が向いたら行ってやらんこともないのだよ」
高尾「まーたまた真ちゃ~ん。ホントは行きたいくせに~。んじゃ、俺がOK入れとくわ!」

この相変わらずな2人が最高。

第75.5Q「最高のプレゼントです」

冒頭に白金監督が!
入院中でしょうか。桃井ちゃんからの手紙とあの写真を見て微笑む監督…。

白金監督

桃井ちゃんが黒子の誕生日にキセキでのストバスを企画。
誠凛1年生も企画していて…そっちは夕方に。
誕生日だけは主役になれる黒子さん…(笑)

めんどくさいと断る紫原を食べ物で釣ろうとする桃井ちゃん。
でも自分が作るつもりだったの桃井ちゃん…そりゃダメだ(笑)
赤司が陽泉との練習試合を東京でやろうと持ちかけて、ついでに紫原を来させることに成功。
流石の赤司様…

おは朝占いでは黒子の誕生日に最下位の緑間…
ラッキーアイテム干ししいたけが家に無かったのか、高尾に電話して頼む…そのままリアカーでキセキの所にお届けされるという。
「降りなきゃ渡してやんないよ?」って言われる真ちゃん(笑)
でもちゃっかり黒子のラッキーアイテム用意してるあたり最初から来る気満々だよ!
ライナーノートにもあったけど高尾にはお見通しですね。

桃井ちゃんからの誕生日プレゼントは手編みのマフラー!
桃色だけど黒子ならそんなかわいい色でも違和感ない(笑)
桃井ちゃん料理以外ならちゃんと出来る…。

ストバスは3on3で。
最初は青峰黒子赤司、黄瀬紫原緑間で、
次は黒子緑間紫原、黄瀬青峰赤司…かな。
またなかなか黒子と同じチームになれない安定の黄瀬(笑)
昔のようにバスケをする黒子と青峰の様子を見て涙ぐむ桃井ちゃんに見てるこっちも…(涙)

青峰と黒子

そして赤司と交代で桃井ちゃんも仲間入り。
この時の赤司にはなんとなく、桃井ちゃんの今までを想って悪かったな~という気持ちがあるように感じましたね…。

一方氷室は東京で迷子中。
火神の地図がアバウトすぎて(笑)こういうのは住所も書いといてあげて!
そこに高尾が通りかかり…一緒に火神の家へ。
エプロン付けて料理する火神と氷室……氷室もすごかった。なんなのお前ら(笑)
久しぶりって言ってたからアメリカ時代から2人で料理してたの…?

ストバス後はキセキ引き連れ黒子さんが火神の家へ。
ドアを開けたら目の前に赤司で降旗がプルプルしてたww
しかも最終的に叫んで気絶した。
すっかりトラウマ(笑)
まあ初対面であの傷害事件でしたからねえ…

そして誠凛メンバーもそろってみんなでパーティ!
黄瀬と桃井ちゃんは相変わらず黒子大好きでいっぱい食べ物寄こしてる…黄瀬、『いっぱい食べないと大きくなれない~』って後でイグナイト案件では
火神と青峰は大食い対決してるし
ラッキーアイテムが鍋の具になってた真ちゃんww
大丈夫、まだ残ってるよ!
赤司さんはわざとフリに絡んでってるの?(笑)
一応僕司さんとは別人格なのであんまり怯えないであげてw

kb9_6

最後はとってもいい笑顔。
最終巻の表紙を思い出しますね…。

黒子

オーディオドラマ 赤司編

紫原に逆ギレされて思い悩む赤司の相談に乗る無冠3人とそれぞれの悩みのお話。

10分遅刻して竹刀(監督)と拳(氷室)でカバンの中のお菓子ボコボコにされたって(笑)
正論を言う赤司に逆ギレるむっくん…

紫原に言い過ぎたのではないかとの相談に乗る2年生3人に喋り方を指摘される赤司。
元々の赤司はこの話し方だったんでしょうが……出会ってから今まであの僕司さんの喋り方で慣れていた3人には居心地が悪い様子。
一応『あれは部活の主将としての話し方で部活から離れたところでは先輩に対して敬語を使う』ということにしてるけど、部室だしチームメイトなんだから部活のうちだと言われて戻すことに。
そっちの方がしっくりくると言われる赤司(笑)
でもずっと僕司の様子を見てきてたから切り替えることにそんなに抵抗はないのかな?

紫原は“本質的にはかしこい”…まあなんとなくわかるけど…
成績は良い方なんでしたっけ?
さっきの電話には、何も言わず話を聞いてあげるだけで良かったのでは?とのアドバイスから、とりあえず仲直りのために電話してみることに。

紫原「さっきのこと?なんだっけ。 それよりさ~」
忘れてるw
まいう棒の話になって終わった…拍子抜けする赤司様。
まあ…解決?
こういうところもあるのが友達付き合いの面白いところ、ということで終了(笑)

今度は赤司が3人の悩みを聞くことに。
葉山は……無冠のふたつ名について。
自分の『雷獣』がちっちゃい動物みたいで納得いかない!と。
ちっちゃい動物…(笑) アニメのキャラクターのイメージがちらついてるんでしょ、って……ピ○チュウとか…?
この悩みには赤司様が解釈を述べて葉山も気分良く解決。

根武谷は…筋肉が解決してくれる(笑)
そして実渕は、本当の悩みはごまかして『永吉のゲップ』と。
少々コッソリなゲップ笑った。控えめなゲップww
真剣に考える赤司に慌てるレオ姉。
結局移動してゲップで解決(笑)

2人きりになった時に実渕に本当の悩みを聞く赤司。
実はWCの最後のファウルを気に病んでいたレオ姉…
あの負けは『全員の結果』であり『自分も至らなさを反省している』と言ってこれからに目を向けさせる赤司。
あ~これが元々の帝光初期の主将だった赤司なんだろうなあ…。

そこへ黒子から電話が。
紫原が赤司に怒っていたことで心配した様子。
何を怒ってるのか意味がわからなくてただ聞いてたら怒りが収まったようで結果的によかったみたいですね(笑)

黒子はまたキセキの仲がこじれる可能性に不安になってわざわざ電話してきたのかもしれませんね。
赤司の『友達同士ならたまにはケンカくらいするさ』にもう心配ないと安心したかな。

赤司は中学時代は完璧な主将であろうと頑張りすぎてて、今は贖罪の気持ちが少なからずあるような。
頑張りすぎないでほしいところ…
でも『敵ではなくライバル』だと話す今の赤司には良い友達もチームメイトもたくさんいるからきっと大丈夫ですね。


黒バスアニメも遂に最終巻…
でもまだジャンプ+やNEXTでの漫画もあるし、黒バスカップ2015のDVDやアプリゲームなど…色々ありますからね!
ちなみにNEXTは立ち読みです…。

スポンサーリンク
広告1
広告1

フォローする

スポンサーリンク
広告1

この記事へのコメントはこちらからどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。