左門くんはサモナー第28話感想 ~閣下は今日も受難する~

今回はセンターカラー!
桜模様の特攻服てっしーかわいいですね。
“沙喪那亜夜露死苦”って(笑)

裏は“ちゃんとわかる人物紹介”
今までのセンターカラー裏側はコミックには載っていませんでしたが…そのうちまとめて載せてほしいですね。

笑美ちゃんが『竹を割ったような胸』とか(笑)まっすぐ真っ平らってこと…? でもマラソン回でもそこまで平野ではなかった気がするけどもう貧乳の代名詞みたいなものなのか笑美ちゃん。
閣下の『すごく強いが律儀でいい人』がらしくていいですね。

第28話 左門くんは召坊

冒頭からネビ山さんがカッコ良すぎる(笑)
セリフも『~その時はコーヒーの味も分かるようになっているだろうさ』とかほんと…
『か…かっけぇ…』っていうYASUの人(?)とシンクロしてしまった。

この人たち不良グループっていうよりただの仲良し三人組。
ネビ山さんのバイトって朝から夕方まで? 閣下にリーダーになってくださいって…この街ってそんなにヤンキー多かったんですか。
『この街を救って下さい』で話聞いちゃう辺り相変わらずの閣下…そこが好き。

黒幕のイメージが猫いるのと直後の左門くんで左門くんなのかと思っちゃったけど左門くんこの街に来たの4月からのはずだし違いますよね。
『各勢力の力関係を絶妙に操作している』っていうのはつまりは一番強い仏血霧頭目(初代含め)がてっしーに頭上がらないから決着つきそうになってもうやむやになっちゃうってこと…?それとも本当の黒幕は他にいるのでしょうか。

輪ちゃんの舎弟になってる左門くんは前回から何があったのか(笑)
天下を取る輪ちゃんのそばでいい思いしよう的な算段でしょうか。生徒会長選挙の時と似たようなもの?
妹様・召坊呼びが笑える。

輪ちゃんのパンの持ち方煙草っぽいのもウケるけど“口”って拭かせてるの完全にてっしーの世話焼きに慣らされてる…お姉ちゃんに飼い慣らされてるよ輪ちゃん。
そういえば仏血霧はレディースじゃないんですね。初代がヤーさんって言われたら何か納得しちゃうけど。

閣下は親父狩りなんて返り討ちだろうな…というか28はまだ親父狩りされるような年齢ではないような…左門くんにとっては口うるさいオヤジ的存在なのだろうか。
実際は3000越えだし歳離れてる認識…?

ネビキさんすっかり新リーダーにされてるし最終的にこの街の四天王の一人になってる(笑)
輪ちゃんがてっしーに似てて暴言にかなりダメージ受けてるところはシェイプシフタの時のてっしーファンクラブを思い出しますね。精神的負けフラグ立ってた…
それにしても『悪魔の類いと言われても納得できる』とか言われる輪ちゃん何者。むしろ仏と悪魔(?)産んでるお母様がただ者じゃない感。

そしてまさかの生ける伝説ヤーさん。祭と聞いて(笑) 悪魔も簡単にやってしまうとは…
仏血霧初代頭目でしたねヤーさん…現役じゃないって言ってたし元ヤンなのか…輪ちゃんが二代目ってことですかね。
茨木童子が惚れちゃったみたいだけどどうなるんだろうコレ。そっちのとらぶるが始まってしまうのか…(笑)

“降臨”背負って登場するてっしーすごかったですね~。
輪ちゃんが帰って来なくて探してたのか…閣下は見つからないように顔隠してるし。バレなくて良かったですね。
『ひゃいッ……!!』て半泣きで返事する輪ちゃんかわいいしヤーさんも真顔の『居るじゃねーか今』に言い返せないし昔何があったのか。本気でブチ切れたてっしーは相当やばいということなのか……仏の顔も3度まで…?
1度目→キリッ 2度目→真顔 3度目→?
一周回って笑顔かもしれない。環ママみたいな…。

左門くんは基本的にてっしー相手だからそこまで行ってないんだろうな…輪ちゃんとかに何かやらかしたら完全に死亡フラグ。

今回あんまり出番なかった左門くん、逃げる仏血霧舎弟たちに踏まれてるし最後ボロボロで無言だしてっしーに妹様焚きつけてたのバレたらヤバイと思って静かにしてたんですかね?
てっしーはこれ妹が不良グループリーダーとは認識してなさそうですね。ヤーさんに頼んでたならチーム的なものに入ってるのは知ってるのかもしれないけど仲間と遊んでるくらいの……『危ないこと』も『夜遊び』的な言い方だしバット振り回してるのも『乱暴』で子供のケンカ(弱いものいじめ)的扱いだし過保護というかシスコンというか。

クズ龍くんて何だか情報通ですよね。詳しくは知らないって感じだけど噂に敏感?
閣下がてっしーに『君は一体…』とプルプルしてたけど左門くんだけじゃなく閣下もてっしーのそういう所知ってくれるのは個人的には嬉しい。それでも恋して敬ってて適度な距離にいてくれたら最高。

次回は怪談話。学校みたいだけど正義くんは出るかな?

スポンサーリンク
広告1
広告1

フォローする

スポンサーリンク
広告1

この記事へのコメントはこちらからどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。