ワールドトリガー第143話感想 ~修が点を獲った…だと…~

修が2点も獲るなんて…!?
遊真との連携もあったとはいえ久々の得点、なかなかの快挙ですねえ。

第143話 三雲 修⑭

スコーピオンマスター遊真

やっぱり遊真は生き残りましたね。
それでも随分削られていますが…なんとスコーピオンで止血(?)
“ガシャンッ”て何だかシャッターみたいな…。
大きな漏出が止まるまでの応急措置のようですが、後の描写を見ると完全に止まるわけではないようなのでトリオン切れになるのも時間の問題でしょうか。

香取ちゃんは片手片足状態で修健在、未だワイヤー地帯…なので遊真を穫るのは難しそう…遊真が千佳ちゃんの援護に入ったらどうかわかりませんが漏出過多でベイルアウトの可能性は高そう。

香取ちゃんが迷った所を見るとトリオン漏出のベイルアウトの場合、ポイントは一番大きな傷を負わせた人に入るようですね。
供給機関破壊だったら破壊した人に入るのでしょうが。

ここはとにかく遊真を倒すことを優先すべきだったんでしょうね。こういった一瞬の判断力がA級との差なんだろうなあ。
そして解説席の2人はそれが出来るのだろうし、アシストする立場として取捨選択は正確そう。(黒トリ争奪戦の木虎を残したとっきーとか)

千佳ちゃんの方は鉛弾狙撃で時間は稼げそうですが近付かれた時の対策があるのかどうかは気になりますね。

vs香取隊

香取ちゃん言ってることだいたいブーメランしてる気がするんですけど本人気付いてないのおもしろい。

若村くんは『そのセリフそっくりそのままお前に返す』って言ってもいいのよ。
同じ中距離と言っても射手と銃手だしスタイル全然違いますしねえ…

そして華さんの言うことは素直に聞くというのはどうゆう関係性なんですかね。
お互いの呼び方は香取→華以外は出たと思うんですがなかなかバラエティ豊かですね。
香取:雄太、麓郎
三浦:葉子ちゃん、ろっくん、華
若村:葉子、雄太、華さん
華:葉子、雄太、麓郎くん
…かな。
同じ幼馴染とかでも付き合いの長さが違いそうな雰囲気…。

気を引けって言われて何故か煽りに入る香取ちゃん(笑)
それにマジレスする修さんまじ… しかも対応しながらちゃっかり置き弾撒いてるのがまた。
何て言うか煽り耐性の低い子が耐性高いやつ(というか気付かない)を煽ったらこうなるみたいな…気引けてない。

そもそも修はとっくにそういった悩みや葛藤通り越してるしここしばらく迷走してたのが答えを得て戻ってきてますからね……
この辺のかみ合わなさは初期に遊真が言った『お前とは見てるもんが違うよ』に集約されている気がします。

この状況で香取隊がバッグワームやカメレオンで回りこんで来るのは予想済みとしてその場合の対策がかなり計算されていましたね。
通ってきた所にワイヤーが出現したような…後ずさって引っかかっているし、時間差で発動とか出来るんでしょうか?

そして置きアステロイド……一度出したらワイヤーを起動しても任意で発射できるということでしょうか…
転ばせたところに剣モードのレイガストで集中シールドさせてからの両側からアステロイドということで。剣を持たないガンナー相手だからこそうまくハマりましたね。
三浦くんでも片腕だからイケたかも。

三浦くんに攻撃されてたら…アステロイドの枠が空けばシールド張れたかな?まあ落ちてもスパイダー遊真が向かって来ていたし…。
若村くんがアステロイド撃ってるぽいですがかわされてましたね。ここはハウンドの方が良かった…?

とにかくエースの香取ちゃんを残すことを優先する香取隊ですが、その香取ちゃんが一瞬の迷いで片手落ち。これは苦しい…というか今回の試合は香取ちゃんの方がほんと他人のこと言えないし過去の発言までどんどんブーメランしてく展開(笑)

三浦くん片腕で頑張りましたよね。フォローも上手かったし遊真相手になかなか粘ってた。香取ちゃんも修のアステロイドにシールドくらいしてあげられれば良かったんですけどね…。
三浦くんは修単体に対してではなくてこの“コンビ”は強い、言っていたのも良かったなと。

何というか他の2人は雑念が多すぎるんじゃないですかね……開始前のごたごた引きずってたし。
華さんも相手の戦術レベルは見誤っていたかな。

次回辺り決着でしょうか。香取ちゃんの回想は入るかな?
入隊理由などはっきりしていないのでアレなんですが、このままむかついてるだけで終わるならボーダーやめた方がいいと思いますね…ボーダーそのものやランク戦の在り方と合ってなさすぎるというか。
もし三雲隊と似たような理由があったら煽りが自虐すぎて見てられない感…まあこの辺は今後に期待ですかね。

スポンサーリンク
広告1
広告1

フォローする

スポンサーリンク
広告1

この記事へのコメントはこちらからどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。